新入留学生ガイダンスを実施しました

2018年5月16日

徳島大学国際センターでは、4月26日(木曜日)に常三島地区、5月10日(木曜日)に蔵本地区で新入留学生を対象にガイダンスを開催し、計36名の参加がありました。

新入留学生ガイダンスは、本学に入学した外国人留学生に対し、修学・生活に関する指導を行い、留学生活の円滑化を図ることを目的として、年2回(前期及び後期)開催しているものです。 ガイダンスでは、国際センター教員から、学生生活や日本での日常生活に関する注意事項について説明があり、新入留学生は熱心に耳を傾けていました。

また、常三島地区のガイダンスでは、徳島中央警察署から講師をお招きし、防災や交通安全、ビザなどの注意事項について詳しく説明いただきました。

両地区とも終了後に、徳島地域留学生交流推進協議会の関係機関からご寄付いただいた食料品や日用品等が配付され、留学生たちは楽しそうに手に取り、希望するものをもらっていました。

 

国際センター金教授(写真左)及び徳島中央警察署警察官(写真右)から説明を受ける新入留学生