二川健教授(生体栄養学分野)が第3回宇宙開発利用大賞(文部科学大臣賞)を受賞

2018年4月3日

大学院医歯薬学研究部生体栄養学分野の二川健教授が、第3回宇宙開発利用大賞の文部科学大臣賞を授与され、3月20日(火曜日)、東京霞ヶ関のイイノホールにおいて授賞式が行われました。

本大賞は、我が国の宇宙開発利用の更なる進展や宇宙開発利用に対する国民の認識と理解の醸成に寄与することを目的とした表彰制度で、顕著な功績があったと認められる個人または団体に対して贈られます。このうち、文部科学大臣賞は、科学技術・学術の振興の視点から特に顕著な功績があったと認められる事例が対象となります。

 

【二川教授からのメッセージ】

今回の受賞は、数多くの幸運に恵まれた結果であります。もちろん、日頃より研究成果を出していただきました共同研究者や生体栄養学分野の同僚、学生諸君のお蔭であることは言うまでもございません。改めて私は周りの方々に恵まれていると感謝いたしている次第です。これまで私をご指導、ご支援くださいました全ての皆様に感謝の意を表したいと存じます。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 


林文部科学大臣と写真に収まる二川教授