野地学長がマレーシア工科大学長を表敬訪問しました

2017年12月5日

平成29年11月22日(水曜日)、野地学長がマレーシア工科大学のWAHID BIM OMAR学長を表敬訪問しました。会談では、今後の両学の交流拡大に向けた活発な意見交換がなされました。また、OMAR学長との会談に先立ち、バイオメディカル工学部のMOHAMMED RAFIQ BIN ABDUL KADIR学部長と面会し、マレーシア工科大学が誇る重点研究分野に関するプレゼンテーションや、最先端研究施設及び研究成果発表会(Innovate Johor2017)の見学が実施されました。

続いて、野地学長から、“The most advanced biotechnology: Artificial Development and Evolution by Genome Editing Method”と題して本学の取り組みやこれまでの学長自身のゲノム編集に関する研究成果についての講演会が行われました。講演会終了後、学生から「遺伝子組み変え食品の安全性について」など多くの質問が寄せられ、盛会のうちに終了しました。マレーシア工科大学とは、1992年より大学間学術交流協定が結ばれ、多くの交流実績を残してきましたが、今回の訪問を機に、両学の今後一層の交流深化につながることが期待されます。

 


WAHID BIM OMAR学長との懇談の様子


講演会冒頭、紹介を受ける野地学長