「地域産業人材育成講座」の開講式を執り行いました

2017年7月18日

徳島大学は7月6日、『地域産業人材育成講座』の本年度の開講式を執り行いました。

本講座は、ものづくり分野における技術者・管理者等の人材育成について、大学教員・企業技術者やそのOB、徳島県の行政担当者、広域連携による他大学の専門講師の協力を得て、社会や顧客ニーズに素早く対応でき、かつコスト削減や課題解決能力を養い、企業のエースとなるべき人材の育成を目指し、開講している。本年度で13年目となり、県内の多くの企業に社員教育の一環として利用されています。

開講式では、吉田和文副学長による告辞の後、来賓の中村真也四国経済産業局室長補佐、山本紘一徳島県中小企業団体中央会会長から挨拶があり、受講生代表者による宣誓が行われました。

講座は、生産管理講座、3D-CAD・プリンタ・解析講座、ロボット講座、食品加工講座、IoT活用講座、経営管理講座の6つの講座と県内外企業の工場を見学するインターンシップがあり、平成30年2月20日まで行われます。

 


挨拶する吉田副学長


宣誓をする受講生