留学生見学旅行を実施しました

2017年7月6日

国際センターは、6月24日、留学生見学旅行を実施しました。本見学旅行は、留学生が日本の文化や歴史、技術への見聞を広め、留学生同士及び教職員との交流を深めることを目的としています。

最初に見学した姫路城では、天守閣への狭い階段に汗をかきながらチャレンジし、登り切ったときには一様に笑顔がもれました。日本の伝統建築を間近で観ると同時に、実際に歩いてみることにより、その広さ、壮大さを体感した様子でした。

アサヒ飲料明石工場では、係員の方の説明を聞きながら、製造ラインを見学しました。効率的に作動する製造ラインに驚くとともに、ペットボトルの再利用等、環境に配慮した工場の運営についても多くを学んだ様子でした。

今回の見学旅行には、留学生36人が参加しました。日本を理解するだけではなく、様々な国の留学生同士がお互いを理解し、交流する機会となりました。国際センターは、今後も留学生のニーズを勘案しつつ、日本の文化や歴史、技術をより効果的に理解できる見学旅行を企画していきます。

 


姫路城

 


石段を登ります


城内見学

 


アサヒ飲料の歴史を学びます


見学の記念に