徳島大学ロケットプロジェクトが『水ロケット教室』を開催しました

2016年9月6日

徳島大学ロケットプロジェクト(徳島大学工学部創成学習開発センター)は、こども達に宇宙やロケットに興味を感じてもらうことを目的とし、去る8月27日(土曜日)徳島大学常三島キャンパスにおいて、公益財団法人日本宇宙少年団の徳島あすたむ分団と共同で「水ロケット教室」を開催しました。

水ロケットとは、炭酸飲料などの入っていたペットボトルに、水と圧縮空気を入れて、一気に弁を開放させることにより、噴出する水と空気の反作用によって飛行するロケットの模型です。水ロケット教室は全4回開催します。最終回には水ロケット大会を開催し、こども達が製作した色とりどりのロケットが空高く飛びます。

 

水ロケット教室の様子