墓が語る過去の社会と文化-平成28年度徳島大学埋蔵文化財調査室ミニ展示-を開催(9月5日から11月30日まで)

2016年8月18日

■イベント名:墓が語る過去の社会と文化-平成28年度徳島大学埋蔵文化財調査室ミニ展示-

■内容:遺跡から発見される墓には、埋葬された人の生前の身分や出自、職業などの様々な情報が込められています。今回は、庄・蔵本遺跡と常三島遺跡の弥生時代~江戸時代の墓、徳島県内の古墳出土の人骨から分かった過去の社会と文化の様子を、皆さまにお届けします。

 

■開催期間:平成28年9月5日(月曜日)から11月30日(水曜日)

開館時間内に展示資料の見学ができます。

■開催場所:徳島大学附属図書館本館3階資料展示室

■解説日時:平成28年9月8日(木曜日)、10月6日(木曜日)、11月10日(木曜日)の13時30分から14時30分