出前科学実験教室~噴水をつくろう~を開催しました

2016年8月5日

徳島大学大学院理工学研究部総合技術センターは、科学啓発活動の一環として「やっToku,なっToku,Dai実験」を毎年開催しています。去る8月3日には、「噴水をつくろう」と題し、徳島県勝浦郡勝浦町図書館で開催しました。

実験教室では、流体の性質や圧力の影響を簡単な実験を通して学習し、用意したPETボトルやストローで噴水を作製しました。

小学生の参加者21名は工作前に説明を熱心に聞き、重力により水が高いところから低いところに移動する様子や圧力によって空気が移動して水が噴水する様子を確かめていました。自作した噴水はPETボトルとストローを使った落差を利用して水を間欠的に噴き上げる仕組みになっています。参加者は気に入るような噴水になるようにストロー加工を創意工夫して、満足そうな表情を浮かべていました。

 


原理説明の様子


サイフォン効果の実演

 


ヘロンの噴水を観察


自作の噴水をテストする参加者