徳島県食品工業協会と「食品産業の振興に関する協定」を締結しました

2016年7月22日

徳島大学と徳島県食品工業協会は、7月21日、徳島県の食品産業を担う人材育成と研究開発を進め、食のイノベーションを創出することにより、徳島県の食品産業の振興を図ることを目的とした協定を締結しました。

同協定では、本学が実施するインターンシップの受け入れなど、次世代の食品産業を担う人材の育成や、地域資源を活用した食品の開発などを共同で行うこととしています。

本学事務局で執り行われた締結式では、同協会市岡会長から、「心と体の健康、そして安全・安心な食品の開発を徳島大学と進めたい。今日がその第一歩となることを願っている」と期待が寄せられました。

 


野地学長と徳島県食品工業協会・市岡会長(右)

 

 


徳島県食品工業協会役員の皆さんと野地学長、高石理事ら本学関係者