常三島キャンパスで期日前投票が始まりました

2016年7月7日

7月7日、常三島キャンパスにおいて、第24回参議院議員通常選挙の期日前投票を開始しました。

今回から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられたことに伴い、若者の投票率向上につなげるため、徳島市選挙管理委員会から要請を受けて設置したものです。

期日前投票所は常三島キャンパス内の地域創生・国際交流会館に設けられ、本学の学生、教職員のほか、地域住民の方々が足を運んで投票しました。

投票を終えた10代の学生からは,「若い人の意見が反映されるのは良いことだ」、「1票の重みを感じた」などの感想がありました。

なお、常三島キャンパスの期日前投票は、7月8日17時まで行うことができます。

 

投票所の様子