ガレリア新蔵:第17回特別展「徳島大学の至宝-3」を開催(6月13日から9月16日まで)

2016年6月14日

徳島大学ガレリア新蔵では、第17回特別展「徳島大学の至宝-3」を開催します。

 

■内容:今回の展示では、本学構地内に所在する庄・蔵本遺跡の最新の発掘調査や研究成果からみえてきた、弥生時代の食文化について紹介します。弥生時代は米作りがはじまった時代とされています。しかし、近年は米だけではなく雑穀を栽培していたことや、多様な食材を手に入れ、調理し、食べていたことがわかりつつあります。あわせて、本学総合科学部考古学研究室が2014・2015年度に実施した、徳島市三谷遺跡の発掘調査の成果も速報します。

 

■開催日:平成28年6月13日(月曜日)~平成28年9月16日(金曜日)

(平日は9時~17時 開館、土曜日・日曜日・祝日及び夏季休業期間(8月12日~8月16日)は閉館)

■開催場所:徳島大学 ガレリア新蔵 展示室 [日亜会館1階] (徳島市新蔵町2丁目24番地)

■参加費:無料

■対象:どなたでもご覧いただけます。

 

ポスターはこちら(837KB)

お問い合わせ

総務部
総務課広報室
電話:088-656-7021