6大学7薬学部における連携協定を締結しました

2016年4月26日

3月23日、徳島文理大学において、6大学7薬学部における連携協定が締結され、調印式を行いました。

本協定は平成24年度に文部科学省大学間連携共同教育推進事業として選定された、徳島文理大学薬学部・香川薬学部、徳島大学薬学部及び松山大学薬学部の3大学4薬学部が取り組んでいる「四国の全薬学部の連携・共同による薬学教育改革」と、同様に選定された事業で千葉県下3大学である千葉大学、城西国際大学及び千葉科学大学の薬学部が取り組んでいる「実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム」で連携し、一層事業を推進するため締結しました。

調印式には徳島文理大学の桐野学長、松山大学の松岡教授、千葉大学の西田副学長、城西国際大学の光本薬学部副学部長、千葉科学大学の木島学長代理、本学からは大髙薬学部長が出席し、協定書に署名がされ、6大学・7薬学部はお互い協力しながら薬学教育改革に邁進することを約束しました。

 

280323.jpg
左から、木島千葉科学大学長代理、光本城西国際大学薬学部副学部長、西田千葉大学副学長、
桐野徳島文理大学長、大髙徳島大学薬学部長、松岡松山大学教授