地域創生・国際交流会館完成記念式典を挙行しました

2015年9月29日

 徳島大学は、地域創生・国際交流会館の完成を祝い、9月24日、常三島キャンパスにおいて完成記念式典及びフューチャーセンター・オープニングセレモニーを挙行しました。

 関係者によるテープカットの後、式典会場である5階フューチャーセンターにおいて、人形浄瑠璃とくしま座による阿波人形浄瑠璃「寿二人三番叟」が上演されました。

 式典では、香川学長から「この地域創生・国際交流会館が、多くの方々にこれらの様々な機能をご活用いただき、徳島県における地域創生、国際交流に大いに貢献する拠点として、本学の一層の飛躍を担う施設となることの期待と、この会館がその目的を達成し、また、本学が地域に根ざした国立大学としてますます発展できるよう支援をお願いしたい」旨の式辞がありました。

 引き続き、来賓を代表し、内閣府特命担当大臣の山口俊一氏から「地方創生、活性化には、まさに地方大学は知の拠点として期待している。産学官のみならず金融機関も含めた組織が相集い、連携して、まさに地方創生に資する働きをお願いしたい」と、また、徳島県知事の飯泉嘉門氏からは「地方創生の新たな1ページとなる地域創生・国際交流会館のオープンにあたり、地方創生の旗手“徳島”、さらには日本創生の礎を徳島から築いていくきっかけとなるよう期待する」とそれぞれ祝辞を述べられ、続いて、高石教育担当理事・副学長から会館の概要説明がありました。

 

テープカットの様子

 

山口内閣府特命担当大臣による祝辞

飯泉徳島県知事による祝辞

 

 

人形浄瑠璃とくしま座による阿波人形浄瑠璃「寿二人三番叟」の上演

 

英語学習・コミュニケーションプラザ

地域創生センター・地域創生課

国際センター・国際課