「日本の今を知る」スタディ・ツアーを実施しました

2015年6月25日

6月20日、国際センターは、「日本の今を知る」スタディ・ツアーとして、神戸見学旅行を実施しました。本事業は、留学生と日本人学生が交流しながら、日本企業等を見学することにより互いの理解を深めることを目的としています。

今回は、キリンビール神戸工場と人と防災未来センターを見学しました。キリンビール神戸工場では、ビールのできあがる工程を見学した後、ビールの試飲を楽しみ、会話が弾んだ様子でした。人と防災未来センターでは、阪神・淡路大震災の被害と復興を映像や展示を見て学びました。また、昼食時間には南京町を訪れ、中国の留学生が自国の食べ物や文化を説明する場面も見られました。日本人学生はグループリーダーとなり、見学場所では展示物の説明、自由行動では集合時間の案内などを行いました。普段の授業では経験できない異文化交流の機会となったようです。

今後もこのような機会を増やし、更に有益なプログラムにしていくことが課題です。

 


キリンビール神戸工場
 

 


ビールができる工程を勉強します


未成年はジュースで乾杯

 

 


人と防災未来センター


南京町で昼食