「フロンティア研究センター」完成記念式典を挙行しました

2015年6月19日

6月12日、フロンティア研究センターの完成を祝し、常三島キャンパスにおいて完成記念式典を行いました。式典では、河村 大学院ソシオテクノサイエンス研究部長から「センターの完成により、さらに地域と社会に貢献できる研究に精進したい」と式辞があり、引き続き、香川学長から「新たな研究施設として多くの方々に活用され、本学の一層の飛躍を担う拠点となり、我が国のグリーンイノベーション、ライフイノベーションに大いに貢献したい」と期待を込めた挨拶がありました。

その後、来賓を代表し、日亜化学工業株式会社 取締役 第二部門開発本部長の向井孝志氏、徳島大学 経営協議会委員である株式会社山本鉄工所 代表取締役会長の山本紘一氏、徳島大学 工業会理事長(工学部同窓会長)の林正氏がそれぞれ祝辞を述べられました。また、完成を記念して、関係者によるテープカットを行いました。

当センターは、常三島キャンパスの工学部構内にあり、先端ロボットを用いたコミュニケーション支援技術等を開発する「医工連携研究部門」、枯渇資源対策及び未利用資源からの有用資源回収等に関する研究を行う「資源循環研究部門」、新しい光機能材料や光デバイスの開発を行う「光テクノロジー研究部門」の3部門の各種研究室や実験室のほか、大学と共同研究する外部の研究者のためのスペースも設けています。今後、次代に結びつく更なる成果を上げ、地域と社会に貢献することが期待されます。

 


完成記念式典の様子
 

 


テープカットの様子
 

 


施設見学の様子