徳島大学が台湾・育達科技大学 人文社会学院と学術交流協定を締結しました

2015年6月10日

総合科学部は、台湾・育達科技大学 人文社会学院と学術交流協定(部局間交流)を締結し、5月28日に育達科技大学において学術交流協定調印式を行いました。調印式には、育達科技大学からは陳建勝 校長(学長)、人文社会学院の藍培青 副院長をはじめ、応用日本語学科に関わる多数の教職員の方々が出席され、総合科学部からは平井松午 学部長と村上敬一 准教授が出席しました。

調印式に先立ち、陳建勝 校長からご挨拶をいただくとともに、藍培青 副院長ならびに平井松午 学部長から学術交流協定締結に対する御礼と抱負についての挨拶がありました。

育達科技大学は台湾北西部の苗栗県苗栗市にある大学で、経営管理学院、財政学院、人文社会学院、休間創意学院の4学院(学部)があり、今回 学術交流協定を締結した人文社会学院には応用日語系のほかに、応用英語系、応用中文系などがあり、今後、学生の長期派遣や短期交流プログラムなどを通じて総合科学部と国際交流を深めていくことになります。

 


調印式の様子
(左から村上 准教授(コーディネーター教員)、平井 総合科学部長、
陳建勝・育達科技大学 校長、藍培青・同大学 人文社会学 副院長)
 

 


調印式後の集合写真
(前列 左から村上 准教授、平井 学部長、育達科技大学・陳 校長、同大学 荘執行長、
後列は藍 人文社会学 副院長、応用日本語学科の先生方)