徳島大学卒業留学生同窓会(ベトナム)をハノイで設立

2015年3月31日

3月14日(土曜日)、徳島大学を卒業又は修了したベトナム出身の留学生や元 徳島大学外国人研究者らによる「徳島大学卒業留学生同窓会(ベトナム)」をベトナム・ハノイで設立しました。当日は、約40人がホーチミン、ダナン等、ベトナム国内各地から集まり、準備をすすめてきたベトナム同窓会代表らの司会進行により役員組織や会則等が定められました。出席した同窓生からは活発な意見、提案があり、今後の活動が期待される総会となりました。

 


総会
 

設立総会に引き続き、香川学長をはじめ大学関係者と同窓生との懇談会では、香川学長からベトナム同窓会設立の趣旨を述べた後、設立記念としてTran Quang Binh同窓会長に同窓会旗が寄贈されました。引き続き、金 国際センター 副センター長から、徳島大学と同窓会との連携活動のための計画について説明がありました。とりわけ中国、韓国、モンゴル、インドネシア、マレーシアなど、これまでの海外の同窓会の発足の様子に興味深く耳を傾けていました。

また、徳島大学の近況について写真等を基に説明があり、徳島大学のキャンパスの様子に当時の思い出を重ね合わせ懐かしむ様子や新しい建物や古い建物の改築等が施された変貌に驚きの歓声をあげる様子が伺えました。

 


懇談会 左:同窓会長 Tran Quang Binh氏、右:香川学長
 

懇談会に引き続き、同窓生の家族ら関係者全員で記念撮影を行い、徳島大学卒業留学生同窓会(ベトナム)設立祝賀会を開催しました。来賓として、在ベトナム本国大使館 田中みずき様、ベトナム日本友好協会 会長 Nghiem Vu Khai様、ベトナム保健省・科学技術訓練局 局長 Nguyen Cong Khan様をお招きし、祝辞をいただきました。自由懇談では同窓生らは、懐かしい恩師と再会して近況を報告しあったり一緒に写真を撮ったり、旧交を温め、記念すべき徳島大学卒業留学生同窓会(ベトナム)の活動の起点となりました。

 


祝賀会 記念撮影