全国「道の駅」と連携協定を締結しました

2015年3月16日

全国「道の駅」連絡会と徳島大学は、全国各地の「道の駅」を舞台に学生の就労体験型実習(インターンシップ)を行うことで合意し、3月9日、徳島大学 事務局において、基本協定を締結しました。同協定の締結は四国では初となります。

同協定締結式には、全国「道の駅」連絡会から四国地区「道の駅」連絡会 副会長の岩浅嘉仁 阿南市長、徳島大学から香川征 学長らが出席し、協定を締結しました。

同協定を利用して、平成28年度新設予定の新学部「生物資源産業学部(仮称)」の学生を中心に派遣し、インターンシップの場として活用する予定です。また、将来の地域活性化の担い手となる人材の育成になるものと期待しています。

 


協定を締結し、握手を交わす岩浅 副会長(右)と香川学長(左)