阪神・淡路大震災20年追悼シンポジウム「コミュニティ主導の災害復興と大学の役割」を開催(1月17日)

2015年1月16日

本学では、阪神・淡路大震災20年追悼シンポジウム「コミュニティ主導の災害復興と大学の役割」を開催します。

阪神・淡路大震災20年に当たり、第1部では海外の災害復興の経験から学び、第2部では 「1.17」と「3.11」の2つの震災における教訓を、神戸そして東北から徳島・美波町へつなぎます。

 

阪神・淡路大震災20年追悼シンポジウム「コミュニティ主導の災害復興と大学の役割」

 

■日時:2015年1月17日(土曜日)14時00分から17時30分

■場所:美波町西の地公民館 大集会室

(海部郡美波町西の地字西地6-7)

■参加:無料(どなたでも参加できます。)

■主催:徳島大学地域創生センター、徳島大学・美波町地域づくりセンター、神戸大学震災復興支援プラットフォーム

■共催:美波町

 

 

お問い合わせ先

徳島大学・美波町地域づくりセンター

〒779-2103 徳島県海部郡美波町西の地西地50-1(美波町役場由岐支所3階)

電話・ファックス番号:0884-70-1274

メールアドレス:tokushima-minami@tokushima-u.ac.jp

地図

美波町西の地公民館 大集会室