山口俊一内閣府特命担当大臣が本学を視察されました

2014年12月24日

12月20日、山口俊一 内閣府特命担当大臣が来学され、本学の先端的研究及び企業との共同研究などの現状について視察されました。

蔵本キャンパスの藤井節郎 記念医科学センターでは、とくしま「健幸」イノベーション構想及び生命科学系研究について、各学部及びセンターの教員が、現在進めている糖尿病やアレルギーの治療、宇宙栄養学などの研究の説明や企業との共同研究によるがん治療法の開発について解説を行い、大臣は熱心に聞き入っておられました。

その後、常三島キャンパスの産学官連携プラザ 日亜ホールにおいて、工学部の教員4名からバイオ医薬品、カーボンナノ材料の開発やLED関連研究など現在進めている研究についての説明を聞かれ、最後にLEDの研究室に立ち寄られ、実験中の学生を激励されました。

 


藤井節郎 記念ギャラリーの視察
 

 


本学教員との歓談
 

 


産学官連携プラザ 日亜ホールにて質問をされる大臣
(左から森本 審議官、山口大臣、香川学長、野地 研究担当理事)
 

 


LED関連の研究室で学生を激励されました
(左から原口 光応用工学科長、山口大臣、河村 工学部長、大学院生)