地元小学校のイングリッシュ・フェスタに外国人留学生が参加しました

2014年12月3日

11月28日に徳島市内の小学校でイングリッシュ・フェスタが行われ、徳島大学で学ぶ外国人留学生がゲストティーチャーとして参加しました。イングリッシュ・フェスタは、小学生が外国人と接して多文化を学び、同時に自分たちが勉強している英語を使うことで学習を深めることを目的とするイベントです。今回は、本学留学生がいくつかのクラスに分かれて入り、英語や学生の母語で自己紹介をしたり、小学生のプレゼンテーションを聴いたりしました。また、全校児童約550名とともに体育館でゲームなどをして交流しました。

子どもたちは楽しみながら外国の言葉や文化に触れることができ、留学生は日本の子どもたちと交流することで教育の様子を学ぶことができ、お互いにとって有意義な時間となりました。徳島大学はこのような活動を通じて、地域貢献も積極的に行っていきます。

 


マレーシアの国旗を紹介


日本の授業に参加しました