総合科学部学生が(公財)笹川スポーツ財団主催の「Sport Policy for Japan 2014」において最優秀賞を受賞しました。

2014年11月14日

平成26年11月8日~9日に一橋大学で開催された「Sport Policy for Japan 2014」【主催:(公財)笹川スポーツ財団 後援:文部科学省、(公財)日本オリンピック委員会、(公財)日本体育協会】において、徳島大学チーム(総合科学部3年生:白神岬、宮元玲香、丸岡悦子、小林冬馬、指導教員:行實鉄平准教授)が最優秀賞を受賞しました。

同大会は、日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が所属大学の枠を超え、自分たちのアイデアを政策提言としてプレゼンテーションし、議論を深める場として2011年に開催され、今年は、16大学32チームが参加し、徳島大学チームは初参加での最優秀賞受賞となりました。

徳島大学チームの政策提言テーマは、「Jクラブを活用したプロシューマー創出戦略-学生ボランティア体験プログラムを通して-」で、これまでに徳島ヴォルティスをフィールドとして活動してきた内容を発展させる提言をプレゼンテーションしました。

最優秀賞受賞の報告および政策提言を実現するための必要な支援について、学長と懇談会を実施しました。

 


表彰式の様子


表彰状

 

 


左から、丸岡悦子さん、宮元玲香さん、白神岬さん、小林冬馬さん
 

 


学長との懇談会(左から行實鉄平准教授、白神岬さん、宮元玲香さん、香川学長)