第7回共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウムを開催(11月14日)

2014年11月5日

■イベント名:第7回共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウム

-勝沼信彦名誉教授追悼記念講演会-

Professor Nobuhiko Katsunuma Memorial Symposium

代謝調節、プロテアーゼ研究から創薬研究への歩み

オーガナイザー:木戸博

■日時:平成26年11月14日(金曜日)13時00分から17時50分(受付12時より)

■場所:徳島大学藤井節郎記念医科学センター1F 藤井節郎記念ホール

■入場料:無料

■プログラム

13時00分 開会挨拶

13時30分 講演

津下英明 京都産業大学総合生命科学部 教授

「細菌感染症因子とホストタンパク質複合体の構造生物学:勝沼信彦先生とご一緒した12年間の健康科学研究所での思い出」

Vito Turk Former director of J. Stefan Institute, Slovenia

「Lysosomal cathepsins and their protein and synthetic inhibitors -50 years of success」

木南英紀 順天堂大学 学長

「リソソーム、リソソームプロテアーゼ群、そしてオートファジー」

木戸博 徳島大学疾患酵素学研究センター 特任教授(名誉教授)

「インフルエンザ感染症の重症化とその予防と治療:恩師と歩んだプロテアーゼの病態代謝研究」

17時45分 閉会挨拶

■後援:公益社団法人日本生化学会、一般社団法人日本ビタミン学会

 

第7回酵素学研究拠点シンポジウム(3.8MBytes)

 

 

 

 
お問合せ先

〒770-8503 徳島市蔵本町3-18-15

徳島大学疾患酵素学研究センター 立花誠/福井清

電話番号 088-634-6422/088-633-7430

ホームページ http://www.tokushima-u.ac.jp/ier/