職員の懲戒処分について

2014年9月9日

本学事務職員(係長・男性・50歳代)は、公募事業の申請事務手続きにおいて、応募期限を錯誤し、期限後に提出したため、申請書類が受理されませんでした。

当該職員は、この不受理となった理由について、応募期限までに提出していないにも関わらず、上司等に対し、申請書類を提出したかのように装うなど、不適切な事務処理を行いました。

このため、懲戒委員会において審理した結果、当該行為は職員就業規則に違反し、その職の信用を失墜させたことから、9月9日付で「減給」の懲戒処分を行いました。

 

この度、本学事務職員が、このような徳島大学の信頼を損ねることを引き起こしたことは、誠に遺憾であり、深くお詫び申し上げます。

今後、このようなことを引き起こさないよう、より一層服務規律の遵守を徹底し、社会の信頼に応えるべく努力してまいります。

 

平成26年9月9日

国立大学法人徳島大学長

              

香川 征