本学学生が官民協働海外留学支援制度 ~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~ 第1期生に選ばれました

2014年8月5日

文部科学省官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~第1期生に、大学院先端技術科学部博士(前期)課程2年 井上琢斗さんが採用され、学長との懇談会を実施しました。

同プログラムは、日本再興戦略と産業界からの意向を踏まえ、実践的な学びを焦点に、自然科学系分野、新興国への留学、トップレベルの大学等に留学する学生を支援するため、渡航費、奨学金等が支給されるものです。

井上さんは新興国コースに採用され、平成26年9月から平成27年6月までの10ヶ月間、NGO日本医療開発機構のインターンシップをカンボジアで行う予定です。 学長、教育担当理事、国際担当副学長との懇談の後、学長から井上さんに事前調査資料収集費用の目録が送られました。

 


懇談会の様子


左から細井副学長、高石教育担当理事、香川学長、
井上さん、間世田准教授