徳島大学地域連携プラザ竣工記念式典を行いました

2014年4月7日

4月3日、徳島大学常三島けやきホールにて、竣工記念式典を行いました。

平成24年度改修が完了した旧音楽棟と旧美術棟の間に、この二棟をつなぐ増築工事が完了し、このたび地域連携プラザが完成しました。

完成したプラザには、各種研究室や実習室のほか、「常三島けやきホール」と名付けられた293名収容の大ホールや小ホール、多目的室、「あわさぽキッズルーム」と名付けられた教職員のための子育て支援室などが整備されました。常三島けやきホールは、移動式の観覧席を整備し、観覧席を移動させることにより大小様々な講演会等に対応できるホールとなっており、また、観覧席を収納し、ホール全体を使用した展示会等にも使用できるホールとなっています。

竣工記念式典では、香川学長から当プラザの改修ならびに新営工事に携わられた関係各社に感謝状が贈呈されました。

地域連携プラザを共同研究・地域連携の拠点として地域文化を発信していくことで、今後とも地域の再生・活性化に貢献していきます。

 


地域連携大ホールで記念式典が行われました

テープカットの様子(左から石川榮作前総合科学部長、
平井総合科学部長、香川学長、吉田和文地域連携担当理事)

常三島けやきホールの外観

多目的室

「あわさぽキッズルーム」
教職員のための子育てを支援していきます