第8回特別展 福島支援プロジェクト~ふくしま とくしま ともに歩もう~を開催(3月7日~4月25日)

2014年3月7日

徳島大学では、「ふくしま、とくしま、ともに歩もう ~放射線災害中長期支援プログラム~」を立ち上げ、大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部の中山信太郎教授をプロジェクトリーダーとして福島での支援活動を行ってまいりました。これまで3年間、福島県民が未曾有の災害を乗り越えようと、また勇気を振り絞り前進しようという姿勢に支えられ、支援活動を継続してきました。この活動は学生の勇気ある協力があってはじめて可能になったと実感しています。その活動風景を紹介します。学生やメンバー、自治体職員、福島県住民が放射線との戦いにどのように立ち向かおうとしているか展示してありますので、是非、多くの方のご来場をお待ちしています。

 

■展示期間: 平成26年3月7日(金曜日)~平成26年4月25日(金曜日) 9時~17時まで

土曜、日曜、祝日は閉館します。

■場所: 徳島大学ガレリア新蔵展示室(日亜会館1階) 徳島市新蔵町2丁目24番地

■報告会:

  • 「徳島大学福島中期住民支援活動とこれから」
    日時:平成26年3月7日(金曜日)13時~17時
    場所:日亜会館 講義室(2階)

 

  • 「徳島大学と白河市による放射線対策事業報告会」
    日時:平成26年3月22日(土曜日)13時~17時
    場所:白河市立図書館 地域交流会議室

■入場料: 無料

 

ポスターはこちら(1.23MBytes)

お問い合わせ

広報室
電話:088-656-7021