「徳島大学フューチャーセンターコミュニティチャレンジプログラム in 医学部」開催(1月17日)

2014年1月16日

糖尿病の要因となるライフスタイルや習慣、社会の構造を変えることはできないのでしょうか。街ぐるみで糖尿病を治す、または糖尿病を意識することなく過ごせる生活圏とはどんなものでしょうか。

糖尿病を改善させる街の将来像を語り合う場を設けました。

 

■イベント名:徳島大学フューチャーセンターコミュニティチャレンジプログラム in 医学部  『糖尿病と未来の健康社会』

■日時:平成26年1月17日(金曜日)10時から13時

■場所:徳島大学蔵本キャンパス 大塚講堂小ホール

■プログラム:

10時00分~10時15分 はじめに

10時15分~11時00分 第1部 話題提供 「糖尿病がもたらすもの」

11時20分~12時30分 第2部 対話セッション 「糖尿病を治す街、忘れられる街の創造を」

12時30分~13時00分 振り返り

 

■お申込み:

参加をご希望の方は、下記お問い合わせ先まで電子メールにてご連絡ください。

参加いただける人数には限りがあります。やむを得ずお断りする場合がありますのでご了承願います。

参加の可否については追ってご連絡いたします。

■主催:徳島大学 糖尿病臨床・研究開発センター

■共催:徳島大学産学官連携推進部 徳島大学地域創生センター

■連携:文部科学省「大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)」

 

詳細はこちら(イノベーション対話促進プログラム)

お問い合わせ

研究支援・産官学連携センター
イノベーション対話促進プログラムオフィス
電話:088-656-9826