マレーシアマラッカ技術大学の工学系学部長一行が本学を表敬訪問しました

2013年12月27日

12月17日、マレーシアマラッカ技術大学の工学系学部長一行が本学を表敬訪問しました。

マレーシアマラッカ技術大学は、本学工学部と部局間協定を締結し、これまで研究交流や留学生交流を行ってきました。今回の訪問は、本学の視察と留学生交流の推進を目的に行われました。

訪問団の1人であるMohd Rizal Bin Salleh生産工学部長は本学大学院工学研究科で学び、修士の学位を取得しました。その後、英国Brunel大学で博士の学位を取得し、現在はマレーシアマラッカ技術大学で教育研究を行いながら、本学への留学生派遣の支援をされています。

さらに、大学院先端技術科学教育部ダブルディグリープログラムにおいても協定校であり、2013年10月からは留学生が既に入学しています。本学との関係は益々強化されていく予定です。

 


マレーシアマラッカ技術大学工学系学部長一行と本学関係者ら