助任ワンダーランド(LEDイルミネーション)点灯式を開催しました

2013年12月19日

12月9日、常三島キャンパスの助任の丘で、「助任ワンダーランド(LEDイルミネーション)点灯式」を開催しました。LEDイルミネーションは、徳島大学が地域社会との連携を深めるため、学生、教職員だけでなく、地域の方々も参加できる総合イベントとして実施しているもので、公益財団法人とくしま産業振興機構による「光の八十八ヶ所」に認定されています。

点灯式では、参加した約200名がカウントダウンを行い、LEDイルミネーションが点灯されました。今年度のLEDイルミネーションは、助任の丘からシンボルロード、工学部時計台までを学生や教職員がデザインしたLEDの光で彩り、音や人の動きに反応して発光するもの、映像が変化するものなど、見る人が参加しながら楽しめる工夫が凝らされています。

この機会に、LEDの美しさ、楽しさをぜひ体験してください。

 

■点灯期間:平成25年12月9日(月曜日)から平成26年1月31日(金曜日)まで (注)平成26年1月18日(土曜)を除く。

■点灯時間:17時30分から23時まで

(注)「ヒカリノWall painting」は点灯期間中の毎週火曜日、木曜日、土曜日の17時30分から19時30分まで
(平成25年12月28日から平成26年1月5日の休業期間及び雨天を除く。)

 


「An underwater hill(水面下の丘)」助任川の水中から見た風景のイメージ

「ヒカリノハコ」人の動きに反応して
色が変化(シンボルストリート)
.jpg
「ヒカリノ Wall painting」人の動き
に反応して映像が変化(風洞実験室壁面)