徳島大学卒業生「ビブリオバトル首都決戦2013」で特別賞の快挙

2013年12月4日

11月24日に東京・秋葉原で開催された、知的書評合戦「ビブリオバトル首都決戦2013」において、本学総合科学部を卒業し現在は鳴門教育大大学院生の西森貴志さんが、徳島県勢としては初出場にも関わらず、見事、28名の地区代表者を退け、特別賞を獲得しました。この特別賞は、当日のコメンテーターである、作家の東浩紀さん、タレントの水道橋博士及びお笑いコンビ・ペナルティのヒデさんが選考した賞で、日頃は辛口の東さんが絶賛するほど、西森さんのプレゼンテーションは完璧なものでした。西森さんは、バトラーとしてビブリオバトルに出場するのみならず、徳島にビブリオバトルを普及させる目的で活動している徳島大学の学生・教職員で構成する「阿波ビブリオバトルサポーター」の一員としても活動されています。その西森さん、今回受賞の感想として、「ここまで来れたのは阿波ビブリオバトルサポーターのみんなのおかげ。これを契機にもっとビブリオバトルを普及させていきたい」と述べられていました。

 

なお、ビブリオバトル首都決戦の結果については、ビブリオバトル首都決戦公式サイトにて公開されていますので、こちらもご覧ください。

http://shuto13.bibliobattle.jp/record2013/book