薬学部で高校生向け創薬体験学習及び薬剤師体験学習を行いました

2013年8月27日

8月20日から22日までの3日間、薬学部で高校生向け創薬体験実習及び薬剤師体験実習を行いました。本体験学習は、高校生の皆さんに、創薬実験や薬剤師の業務を体験することによって、薬学への関心を深め、今後の進路を考える参考にしていただくために行われているもので、今年で2回目となりました。

創薬体験学習では、試薬を用いて有機合成を行う実験を行いました。参加者は緊張した様子で実験に取り組みながら、安全や環境に留意しながら実験を行う大切さも学んだ様子でした。薬剤師体験学習では、処方せんを読み、調剤し、薬袋を書くまでを行いました。参加者は、正確な調剤と確認作業を通じて、薬剤師の役割と責任の大きさについて実感した様子でした。

創薬体験学習、薬剤師体験学習とも1日(午前10時から午後4時まで)のプログラムで、3日間で83人の参加者がありました。 


試薬の計量も緊張します(創薬体験実習)


1つ1つ丁寧に作業を進めました

(薬剤師体験実習)