医学部白衣授与・Student Doctor認定証授与式を行いました

2013年4月24日

4月18日、大塚講堂にて、医学部白衣授与・Student Doctor認定証授与式を行いました。本授与式は、約1年間の臨床実習を行う医学部医学科生に、医療の現場に入る自覚を持ってもらうこと、医学部として臨床実習を支援することを目的として昨年度から行われています。今回の授与式では、97人の5年生に白衣とStudent Doctor認定証が授与されました。

授与式では、苛原医学部長から「高い倫理観を持ち、患者さんと歩む医師になってください」、安井病院長からは「患者さんには敬意を持ち、いたわりの気持ちで接してください」との激励の言葉がありました。その後、5年生を代表して三澤将大さんが宣誓を行い、同じく5年生の山本幸代さんが代表として、白衣とStudent Doctor認定証を授与されました。

臨床実習では、患者さんや現場の医師、看護師と接することで、知識だけではなく、医療人としての在り方を学ぶこととなります。また、臨床実習で多くのことを経験し、良き医師となる一歩となりますよう期待します。

 


苛原医学部長からStudent Doctor 認定証と
白衣の授与

今日の気持ちを忘れずがんばってください!