助任ワンダーランド(LEDイルミネーション)点灯式を開催しました

2012年12月28日

12月21日、常三島キャンパスの助任の丘にて、助任ワンダーランド(LEDイルミネーション)点灯式を開催しました。LEDイルミネーションは、徳島大学の地域貢献事業として行われるもので、昨年に引き続き2回目となり、徳島県による「光の八十八所」にも認定されています。

点灯式では、佐野地域連携担当理事の挨拶、吉田地域創生センター長による概要説明、平木総合科学部教授による展示コンセプトの解説の後、参加した約200名がカウントダウンを行い、LEDイルミネーションが点灯されました。今年度のLEDイルミネーションのテーマは「An underwater hill(水面下の丘)」で、助任川の水中から見上げた光の世界を表しています。水の流れを連想させる幻想的なLEDイルミネーションに、参加者から大きな歓声が上がりました。

LEDイルミネーションは、平成24年12月21日から平成25年1月31日までの17時から23時の間、助任の丘を美しく彩ります。