海外短期留学合同報告会(医学部)を開催しました

2012年11月28日

11月15日、長井記念ホールにて、医学部学生による「海外短期留学合同報告会」を開催しました。

本報告会は、学生が海外の学術交流協定締結校への留学で体験したことを、教員や他の学生に報告することにより、学生の国際的視野を広げ、医学部の国際化を推進させることを目的として、昨年から開催されています。

報告会では、テキサス大学ヒューストンヘルスサイエンスセンター(米国)、ハノーバー医科大学(ドイツ)、ソウル国立大学校医学大学(韓国)、ヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学(フィンランド)、慶北大学校(韓国)、モンゴル健康科学大学(モンゴル)への留学体験報告に加えて、ステューデント・ラボ(ライフ・イノベーションを推進できる医療人育成のための新たな基礎医学実習のコース)から10月末にロサンゼルスで開催されたAmerican Heart Association (AHA) の学会に出席した学生の報告も併せて行われました。

留学期間は、数日から1年までと様々ですが、留学先での研究の成果、異文化交流、英語でのコミュニケーションの大切さ等について貴重な体験が報告されました。また、AHAに出席した医学科4年の前田悠作君からは、学会会員の親睦を図るためにロサンゼルスで行われた5キロマラソンに出場し、優勝したことが報告されました。学業のみならず、国際交流の機会としても大変有意義なものとなりました。

 


報告会の様子


1位でゴールする前田君


報告を行った学生と玉置医学部長ら大学関係者