「国際交流サロン-留学生の国への誘い-」を開催しました

2012年11月21日

11月17日、徳島大学日亜会館にて、「国際交流サロン-留学生の国への誘い-」を開催しました。

国際交流サロンは、本学国際センターと、同センターが行う「国際交流ボランティア入門講座」の修了生の共催で、日本人と留学生が協働で企画・運営する国際交流イベントで、本学留学生と地域の方々との交流を深めることを目的に、毎月1回程度行われています。

今月は、「留学生の国への誘い」をテーマに、ベトナムとコロンビア出身の本学留学生が、母国の紹介を日本語で行いました。それぞれの国の気候や習慣、豊かな食文化の話等に、45名の参加者は熱心に聴き入っていました。

その後、ベトナム風お好み焼き「バインセオ」がふるまわれ、参加者はベトナムの味を大いに楽しんだ様子でした。リラックスした雰囲気の中、留学生と地域の方々との会話も弾み、有意義な国際交流の機会となりました。

 

 


留学生による母国の紹介


バインセオ(ベトナム風お好み焼き)を いただきました