第4回共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウムを開催(10月2日)

2012年9月7日

■イベント名: 第4回共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウム

-酵素学から始まる新たな創薬研究―

■日時: 平成24年10月2日(火曜日)13時30分から17時30分(受付13時より)

■場所: 北里大学薬学部コンベンションホール(東京都港区白金5-9-1)

■入場料: 無料

■プログラム

13時30分 開会・来賓挨拶

14時00分 講演

塩見和朗 (北里大学北里生命科学研究所 教授)

「酵素を標的とした感染症治療薬の探索」

松本 満 (徳島大学疾患酵素学研究センター 教授)

「遺伝病を解析モデルとする自己免疫疾患病態へのアプローチ」

鍔田武志 (東京医科歯科大学難治疾患研究所 准教授)

「全身性自己免疫疾患と自己トレランス」

16時30分 特別講演

本庶 佑 (静岡県公立大学法人理事長/京都大学大学院医学研究科客員教授)

「免疫、発癌、癌治療」

17時30分 閉会挨拶

  →詳細はこちら(3.36MBytes)

 

 

お問い合わせ先

〒770-8503 徳島市蔵本町3-18-15

徳島大学疾患酵素学研究センター 松本満/蛯名洋介

電話番号:088-633-7433 088-633-7436

ホームページ:http://www.tokushima-u.ac.jp/ier/