第16回科学体験フェスティバルin徳島を開催しました

2012年8月8日

8月4日、5日の2日間、徳島大学工学部において「第16回科学体験フェスティバル in 徳島」を開催しました。

本イベントは、子どもたちが実際に科学実験等に参加することを通じて、科学の楽しさや不思議さを知ってもらうことを目的とし、地域においても夏休み期間中の恒例イベントとなっています。

今年のメインテーマは「エネルギーワールド」で、子どもたちは手回し発電やゴムで動くハイブリッドカーを作ったり、ロボットを動かしたり、楽しみながら熱心に取り組んでいました。

本イベントは今回で16回目を迎え、本イベントに参加した子どもたちが成長し、本学に学生として入学していることも報告されています。未来の徳大生に、本学を知り、親しみを持ってもらう意味でも大切なイベントとなっています。

本イベントが、多くの参加者の皆様の楽しい思い出となり、科学に興味を持つきっかけとなれば幸いです。

 


香川学長、大西工学部長らによる開会のテープカット

 


液体窒素と風船を使った実験