平成23年度春季モナシュ大学短期英語研修帰国報告会を開催

2012年7月10日

国際センターでは、本学と大学間協定を結んでいるオーストラリアのモナシュ大学への短期派遣プログラムを平成23年度から開始しました。このうち、春期プログラムとして平成24年3月11日~3月31日までの3週間派遣した学生の報告会を常三島キャンパス共通教育棟4号館305講義室で開催しました。

当日は、派遣学生21名のうち5名の学生が、本プログラムでの学習成果について報告を行いました。このプログラムは、日本学生支援機構の平成23年度留学生交流支援制度の対象プログラムとして採択されたもので、参加した学生は同機構から奨学金を授与されました。

本プログラムの特徴は、語学研修だけでなく、特別環境学習でのエコツーリズム講座や自然保護のためのボランティア活動などが組み込まれており、参加した学生は、本研修により環境問題について真剣に考えたり、ボランティア活動に興味を持つようになったようです。

報告会には、国際センター長である高石喜久理事をはじめ、国際センター教員や関係教職員、そして今年度夏季プログラムに参加を希望している学生など約40名が参加し、熱心に聞き入っていました。

 


挨拶する高石国際センター長(中央)

 


発表を熱心に聞いている会場の様子