会場が変更になりました   古川宇宙飛行士 国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション報告会 In Tokushima ~宇宙での医学研究って、こんなに面白い!!~ の開催について(3月21日開催)

2012年3月16日

当初の予想を大幅に上回る参加申し込みをいただいております。
当日は蔵本キャンパス内の自動車等の混雑が予想されますので、できる限り公共の交通機関をご利用くださいますようお願いします。


古川宇宙飛行士 国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション報告会 In Tokushima  ~宇宙での医学研究って、こんなに面白い!!~について、会場が下記に変更になりました。

会場:徳島大学蔵本キャンパス内 大塚講堂(〒770-8503 徳島県徳島市蔵本町3-18-15)

 

 

■内容:

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、古川宇宙飛行士が日本に帰国する機会にあわせ、ISS長期滞在ミッション及び「きぼう」日本実験棟で実施した徳島大学の宇宙医学実験などの成果報告を下記の通り行います。

皆様からの多数のお申し込みをお待ちしております。 

■主催: 宇宙航空研究開発機構、徳島大学

■共催: 徳島新聞社

■後援: 徳島県教育委員会、徳島県医師会、NHK徳島放送局、四国放送株式会社、大塚製薬株式会社

 

■日時: 平成24年3月21日(水曜日)17時30分開演 19時30分閉会(予定)

■会場: 徳島大学蔵本キャンパス内 大塚講堂 (〒770-8503 徳島県徳島市蔵本町3-18-15)

■古川宇宙飛行士による講演: 国際宇宙ステーションでの医学実験と宇宙のすばらしさ

概要: ISSで実際に行った活動の様子、宇宙で見たこと、感じたことを、写真や映像を交えながら報告します。

■徳島大学における宇宙医学研究の紹介

概要: 「きぼう」日本実験棟にて行った徳島大学の宇宙医学研究成果などについて紹介します。

松本俊夫教授: 「宇宙飛行中の無重力下での骨量減少は防げるか?」

二川 健教授: 「宇宙に行くとなぜ筋肉はやせるのだろうか?」

高橋 章教授: 「LEDを使って宇宙生活を快適に!」

■入場料: 無料

■参加対象者: 中学生以上を推奨します。小学生は保護者同伴に限り参加可能です。

■募集人数: 300名(応募者多数の場合は先着順)

■応募方法:お申し込み締め切り:3月12日(月曜日)必着

  • インターネット、ファックスおよび往復はがきによりお申し込み頂くことが出来ます。ただし、1回のお申し込みに限らせて頂きます。複数のお申し込みに関しては、全てを無効とさせて頂きますのでご注意願います。
  • 1回で最大4名様までお申し込み頂くことが出来ます。
  • 会場の制約から、参加者はお申し込み先着順にて決定させて頂きます。

<注意>お申し込みの際に頂く個人情報に関しては、今回の報告会開催のためにのみ利用させて頂きます。

 

インターネットによる申し込み

以下のインターネットページ(パソコンのみ可)から、必要事項を記入の上、送信して下さい。

 

ファックスによる申し込み

別紙1(69KB)の申請用紙、もしくは自由な書式で構いませんので、以下の事項を記入の上お申し込み下さい。

参加者には、3月16日(金曜日)までに、ファックスにて、案内状を発送いたします。

  1. 参加代表者(1名)の氏名・年齢・職業(学年)・郵便番号・住所・電話番号及び案内状ご連絡用ファックス番号
  2. 同行する参加者全員(3名まで)の氏名・年齢・職業(学年)

お申し込み先:

ファックス番号 : 029-868-3950

「古川宇宙飛行士ISS長期滞在ミッション報告会」事務局

往復はがきによる申し込み

別紙2(66KB)をご参照の上、往復はがき(往信用)に以下の事項をご記入下さい。

参加者には、3月16日(金曜日)までに、はがきにて、案内状を発送いたします。(到着が数日遅れる可能性があります。)

  1. 参加代表者(1名)の氏名・年齢・職業(学年)・郵便番号・住所・電話番号
  2. 同行する参加者全員(3名まで)の氏名・年齢・職業(学年)
  3. 返信用はがきの宛先には代表者の郵便番号・住所・氏名をご記入下さい。

詳細はこちら(199KBytes)

 

お問い合わせ先

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部

「古川宇宙飛行士ISS長期滞在ミッション報告会」事務局

住所:〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1

電話番号:050-3362-3202 ファックス番号:029-868-3950

メールアドレス:KIBOKOHO@jaxa.jp