徳島大学疾患ゲノム研究センター特別セミナーを開催(12月16日)

2011年11月18日

■イベント: ユビキチン化による新たな免疫制御機構の仮説

■内容:

本セミナーでは、MARCH-Iによるユビキチン化制御の生理学的意義に関して、石戸博士らのアプローチをご紹介いただき、提唱されている仮説についてご議論いただきます。基盤的免疫機構の解明としてのみならず、感染制御の観点や細胞生物学の観点からもたいへん興味深い講演を伺う良い機会です。

多数のご来聴をお待ちしております。

 

■日時: 平成23年12月16日(金曜日)17時から18時

■場所: 疾患ゲノム研究センター1階 交流ホール

■参加費: 無料

■主催: 疾患ゲノム研究センター

 

 

お問い合わせ先

疾患ゲノム研究センター生命システム形成分野(大学院医科学教育部免疫系発生学) 高浜 洋介

メールアドレス:takahama@genome.tokushima-u.ac.jp