第三回共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウムを開催(10月3日)

2011年9月26日

■イベント名: 第三回共同利用・共同研究「酵素学研究拠点」シンポジウム

-酵素学から始まる新たな創薬研究―

■日時: 平成23年10月3日(月曜日)13時30分から17時(受付13時より)

■場所: 徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町1-78-4)

■入場料: 無料

■プログラム

13時30分から14時 開会・来賓挨拶

14時10分から16時 講演

谷口 寿章 (徳島大学・疾患酵素学研究センター 教授)

「プロテオミクスによる疾患研究」

廣瀬 友靖 (北里大学・北里生命科学研究所 准教授)

「In situ クリックケミストリーを利用した生物活性天然物からの創薬研究」

福井 清 (徳島大学・疾患酵素学研究センター 教授)

「D-アミノ酸代謝酵素システムの活性制御による新規精神神経疾患治療薬の開発戦略」

16時から16時20分 休憩

16時20分から17時20分 特別講演

北 潔 (東京大学大学院医学系研究科 副研究科長・教授)

「寄生虫ミトコンドリアの多様性:薬剤標的として」

17時20分から17時30分 閉会挨拶

17時30から 意見交換会

■協賛: (社)日本生化学会

  →ポスターはこちら(1.29MBytes)

 

 

お問い合わせ先

徳島大学疾患酵素学研究センター 福井 清/谷口 寿章

住所:〒770-8503 徳島市蔵本町3丁目18番地の15

電話番号:088-633-7429 088-633-7426

ホームページ: