大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(薬学系)の落合正仁教授・宮本和範助教らの研究論文が2011年4月21日付けの米科学誌「サイエンス」に掲載されました

2011年4月22日

重金属触媒を用いなくても、単に混ぜるだけで炭化水素(石油のような化合物)の水素原子を位置選択的に窒素元素に変えるという、夢のような化合物を開発することに大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(薬学系)の落合正仁教授・宮本和範助教らのグループが世界で初めて成功し、2011年4月21日付けの米科学誌「サイエンス」に研究論文が掲載されました。