免疫システム形成セミナーを開催

2009年5月18日
イベント名: Altered T-cell homeostasis in aging: victim or villain?
内容:

免疫システムの司令塔であるT細胞が、バランスよく多様なレパトアを維持することは、終生にわたる有効な感染防御能を保つために重要です。老化及びそれに 伴う感染の繰り返しによってT細胞がどのように変容するか、欺領域の研究においては国際的な第一人者であるNikolich-Zugich教授を迎えて特 別セミナーを開催いたします。

多数の方のご来聴をお待ちしております。

日時: 平成21年6月15日(月曜日) 17時30分から
会場: 疾患ゲノム研究センター1階会議室
対象: どなたでも参加できます。
参加費: 無料
主催: 疾患ゲノム研究センター遺伝子実験施設
問い合わせ先: 疾患ゲノムセンター遺伝子実験施設
(大学院医科学教育部免疫系発生学)
教授 高浜 洋介
メールアドレス takahama@genome.tokushima-u.ac.jp