公開シンポジウム「地方都市の再生」を開催

2009年7月2日
イベント名: 公開シンポジウム「地方都市の再生-郊外展開かコンパクトシティか-」
日時: 平成21年7月11日(土曜日)14時から17時
研究発表: 14時から15時
趣旨説明 豊田哲也(徳島大学)
「コンパクトシティと地域政策」 藤井 正(鳥取大学)
「地方都市中心市街地活性化の課題-高知市を実例として-」 藤塚吉浩(高知大学)
「まちづくり3法の見直しと大型店の立地動向-岡山市・高松市・倉敷市の事例から-」 荒木俊之(株式会社ウエスコ)
講演: 15時から16時
「コンパクトシティはいかにすれば実現するのか」 藻谷浩介(株式会社日本政策投資銀行)
総合討論:

16時10分から17時
コメンテータ

大谷 博(財団法人徳島経済研究所)
矢部拓也(徳島大学)

会場: 徳島大学総合科学部1号館301教室(常三島キャンパス)
対象: どなたでも参加できます。
参加費: 無料
主催: 徳島地理学会
日本都市学会・中国四国都市学会
人文地理学会都市圏研究部会
後援: 徳島大学地域創生センター
徳島大学総合科学部地域交流プロジェクト
問い合わせ先: 徳島大学総合科学部人文地理学研究室
教授 豊田 哲也
電話番号 088-656-7154
メールアドレス toyoda@ias.tokushima-u.ac.jp