出前科学実験教室「やっToku、なっToku、Dai実験~真空のミステリー~」を開催しました

2008年9月2日

徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部総合技術センターの技術職員は、徳島県各地で開催している科学イベントに出展し、地域の小・中学生に科学の“不思議さ・おもしろさ”やものづくりの“大切さ”を指導しています。

今回、このような地道な科学教育の啓発活動が勝浦郡勝浦町教育委員会の目に留まり、科学実験教室を開催要請を受けました。

総合技術センターは、去る8月20日(水曜日)、「やっToku、なっToku、Dai実験~真空のミステリー~」と題した真空実験を勝浦町図書館で開催しました。

参加者は、普段見ることのできない実験装置を使い真空中に入れた水が圧力の低下に伴い室温で沸騰し、さらに圧力を下げると水温が下がり始め一瞬にして水 が凍る現象に驚きを隠せない表情をしていました。また、注射器と自転車のバルブを組み合わせて製作した簡易真空ポンプを使って金属製吸盤の空気を抜き、ぶら下がっても吸盤が外れないことで大気の力の「凄さ」を体感していました。

 

大気の力を確かめる参加者
大気の力を確かめる参加者