徳島大学における倫理委員会設置および体外受精開始25周年記念講演会を開催

2009年9月28日
イベント名: 徳島大学における倫理委員会設置および体外受精開始25周年記念講演会
内容:

1982年に徳島大学医学部に全国初の倫理委員会が開設され、初めての検討課題として体外受精胚移植の臨床応用が審議されました。その過程を経て、翌年の1983年に、本邦3例目の体外受精胚移植によるいわゆる「試験管ベビー」が徳島大学病院産科婦人科で誕生しました。

25周年という区切りの時期に、また徳島大学が60周年を迎えたこの時期に、もう一度原点を見直すとともに、将来の倫理委員会のあり方、生殖補助医療の進む道を考えたいと思い、この講演会を企画いたしました。多数の皆様にご参加頂きますよう、お願い申し上げます。

日時: 平成21年10月10日(土曜日)13時から17時
会場: 日亜メディカルホール(徳島大学病院西病棟11階)
主催: 徳島大学病院
共催: 徳島大学病院臨床試験管理センター、徳島大学病院産科婦人科
問い合わせ先: 徳島大学病院臨床試験管理センター
電話番号 088-633-9294
メールアドレス awachiken@clin.med.tokushima-u.ac.jp