「徳島大学卒業留学生同窓会(中国)」を上海で設立しました。

2008年12月22日

徳島大学青野敏博学長は、11月30日、徳島大学を卒業又は修了した中国出身の留学生や元徳島大学外国人研究者らによる「徳島大学卒業留学生同窓会(中国)」を中国上海市で設立しました。

当日は、中国出身の徳島大学卒業生、修了生、元徳島大学外国人研究者など約50人が集まり、同窓会の役員組織や会則等を定めました。これは、徳島大学を 卒業(修了)した中国出身の留学生OB等有志16名が、本年8月に上海で同窓会設立の準備会を開催するなど、この日に向けて準備を進めてきたもので、この 設立総会には、徳島大学からも同窓会顧問として青野学長や理事・副学長等10数名の教職員が出席しました。

設立総会に引き続き、徳島大学関係者と同窓会会員との懇談会が開催され、青野学長が同窓会と連携を強化して人的ネットワークを拡大していくためのいくつ かの計画を紹介しました。その中で徳島大学は、外国人研究者の受け入れ事業で中国の留学生同窓会からの推薦による特別枠を設けることや、留学生の奨学生推 薦では、同窓会から奨学生推薦枠について検討すること、また、文部科学省の国費留学生のうち、大学推薦枠の1名を同窓会から推薦することなどを計画してい ます。

そして、出席者全員による記念撮影の後、徳島県から上海等に進出している地元企業関係者や同窓生の家族らが多数出席するなか同窓会設立祝賀会が開催さ れ、中国各地から集まった同窓生らが久しぶりに会って旧交を温め、懐かしい恩師との再会や地元企業関係者と交流する姿がいつまでも続きました。

徳島大学では、今後中国の同窓会との連携を強化するとともに、中国以外の国での同窓会設立も検討しています。

kyougi.jpg

設立総会で会則について協議する
中国出身の留学生同窓生

dousoukaigakuchou.jpg

同窓会会員との懇談会で挨拶する青野学長

 

shugoushasin.jpg
集合写真