平成21年度徳島大学防災リーダー養成講座の開講について掲載しました。

2009年4月14日

平成19年度から始まった徳島大学防災リーダー養成講座・3年目の講座が4月17日から工学部共通講義棟でスタートします。

本講座は全学共通教育の教養科目として開設されている前期「災害を知る」、後期「災害に備える」の2科目を受講するものですが、徳島県との防災協力に関 する覚書に基づき、徳島県地域防災推進員の養成講座も兼ねて開かれます。徳島県から推薦を受けた自治体職員、自主防災会リーダー42名も大学生約140名 と一緒に災害のメカニズム、災害対策などについて4月から来年2月まで、週1回32週にわたって、講義や実習を受講します。

また、本講座はNPO法人日本防災士機構の「防災士研修カリキュラム」として、国立大学法人として最初に認定されており、修了生は「徳島大学防災リー ダー」として認定されるだけでなく、防災士の受験資格が付与されるため、学生のほか、県内の防災関係者にも人気の高い講座となっています。

平成19年度は79名、平成20年度は130名が修了し、「徳島大学防災リーダー」と認定されています。

【開講式と第1回講座】
日時:4月17日(金曜日)16時20分から17時50分まで
場所:工学部内共通講義棟K407教室
内容:開講式及び第1回講義「防災士とは」(講師:中野 晋)

 

詳細はこちら(220KBytes)

カリキュラムはこちら(176KBytes)