「新型インフルエンザに対する対応について<第1報>」を掲載しました

2009年4月28日
平成21年4月28日

学生、教職員 各位

保健管理センター
新型インフルエンザに対する対応について

 

世界保健機関(WHO)が豚インフルエンザの警戒レベルをフェーズ4に引き上げたことを受け、厚生労働省は28日、メキシコ、米国、カナダで新型インフルエンザが発生したと宣言しました。

ついては、本学学生・教職員に対し、連休を控え以下の事項について注意喚起及び要請を行います。各位におかれては、十分な意識を持って対応いただきますようお願いします。

海外渡航について

メキシコへの渡航は、中止するか事態が沈静化するまで延期する等の検討をお願いします。

また、既に人への感染が報告されている米国等への渡航に当たっては、渡航先の最新情報を入手するとともに、人混みを避け、うがい、手洗い、マスクの着用などの対応を行うよう努めてください。

国内での注意について

国内でも、海外からの多数の旅行者が訪れていることを鑑みると注意が必要です。

情報の入手に心がけ、冷静な対応をお願いします。

また、外出に当たっては、人混みを避ける、うがい、手洗い、マスク着用の励行をお願いします。

今後の対応について

感染の拡大を防止するため、症状が出た場合は、本学への登校は避けるようにしてください。

医療機関を受診する場合は、まず電話で問い合わせることを遵守してください。

今後、日本国内で新型インフルエンザの発生と人から人への感染が確認された場合には、休校を含む必要な措置をとることがあります。

必要な情報は、本学HP及び掲示板に随時掲載しますので、必ず確認してください。

また、体調不良の場合や、本件に関するお問い合わせは、保健管理センター(088-656-7289)に連絡してください。

厚生労働省のホームページはこちら

 

海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)についてはこちら

 

外務省海外渡航安全情報についてはこちら

 

世界保健機関(WHO)のホームページはこちら